メイテックネクストの評判は?実際に利用した私の感想も本気でお教えします!

メイテックネクストの転職エージェントサービスを利用する前に「実際評判とか口コミはどうなの?」 と感じ、利用してようか迷っている方も多いのではないでしょうか。

私も「親身になって転職サポートをしてもらえるのだろうか…」と不安があり、利用するのをためらっていました。 他にも「転職エージェントを利用するのが初めてで不安…」、「どうせ求人だけ紹介して後はこっち任せなんじゃないの?」なんて不安や疑問が多くあるかともいます。

結論を言うとメイテックネクストは製造業やエンジニアへの転職を希望する方であれば登録必須の転職エージェントだと実際に利用し、転職した私が断言します!

と言われても実際の評判をしっかり確認してから登録したいと感じる方も多いかと思います。

ですのでこの記事では、メイテックネクストの評判はもちろん、利用する前の不安や疑問、そして利用する時の注意点なども私の体験談をもとに、徹底的に解説していきます!

少しでもあなたの転職活動の参考にしていただければ幸いです!

※本記事は私のリアルな実体験を元に、書いています。

・メイテックネクストで転職成功 ・前職工場勤務7年(ライン作業だったので特別なスキルは身につけていない)

・年齢27歳

・性別:男

・ブランク期間1年半

・転職サービス・エージェント利用経験5社以上

・企業にPRできるような資格は所持していない

メイテックネクストの評判!

まずはメイテックネクストのネットでの評判を集めてみました! ここでは公式に記載されている評判やSNS(Twitter)に投稿されているリアルな口コミまで紹介していきます!

メイテックネクストの良い評判(公式サイト)

基本的に公式サイトで悪い評判や口コミは載せないので参考程度に載せておきます。

メイテックネクストの良い評判(Twitter)

Twitterでの投稿をまとめてみると満足度の高い理由は以下の2点が主に挙げられています。

・転職サポートの対応がとても丁寧
・製造業・エンジニア業界の知識が豊富である

メイテックネクストは、DODAやリクルートエージェントなどの大手転職エージェントに比べ、知名度は低く、会社規模もそこまで大きくはありませんが、サービスに対しての丁寧さや業界知識は先ほど述べた2社よりも断然高いと利用した私自身も感じました。

業界知識に関してもメイテックネクストに所属しているエージェントはメーカーの技術分野に7年間の実務経験がある方や、エンジニアを中心に2000名以上の転職を支援してきた実績もあり、業界知識や転職ノウハウは申し分ありません。

メイテックネクストの悪い評判

 

メイテックネクストの特徴・強みとは?

「メイテックネクストの評判は、大体わかったけど特徴とか強みはなに?」と気になる方もいるかと思います。

ですのでここではメイテックネクストの主な特徴や強みを解説していきます。

メイテックネクストの主な特徴

・土曜・日曜・祝日、平日20時以降の遅い時間でも面談
・電話対応をしてくれる
・サービス利用期限なし
・受けれるサービスは全て無料
会社に勤めながら転職活動をしている方は、問い合わせが可能な時間帯が平日の夜遅くや休日や祝日なってしまいがちかと思います。
メイテックネクストは、現在会社に勤められている方でも面談ができるよう、平日の20時以降や休日、祝日でも面談ができるよう配慮されています。
面談までの流れとしては以下の通りです。
【面談までの流れ】
①メイテックネクストでの登録作業(3分程度)をする
②登録から1週間以内に希望する面談日時の日程調整の連絡がくる(私の場合登録日に電話での日程調整の連絡があった)
③日程調整した日時に面談スタート(一時間ほど)
面談までは、上記の流れになっているので登録していきなり電話が来て面談スタートというわけではありません。
日時を指定し、ゆっくり専門の担当エージェントとの面談をすることが出来ます。
登録後は私と同じようにメイテックネクストから連絡が来るはずなのでそれまでにご都合がよろしい日程をお決めになっておくとスムーズに面談まで辿り着けるかと思います。
また、メイテックネクストの拠点がお住まい周辺に無い場合、電話での面談も可能です。
私も電話面談を利用しました。
そしてサービスの利用期限もありません。
ですので会社に所属中の方でも焦らず、転職活動のサポートをしていただけます。
最後にメイテックネクストの転職エージェントサポートは費用が掛からず、無料で利用することが出来ます。
なぜ、無料で転職サポートが利用できるかというと、メイテックネクストは、登録したユーザーを紹介する報酬として、転職先の企業から費用を受け取るからです。
【メイテックネクストが無料で利用できる理由】
一般的には、転職先の企業から紹介したユーザーの年収から30~35%程の費用を受け取っていると言われています。
例:ユーザーに対し企業が年収300万円を掲示し、入社した場合、90万~105万円ほどの費用を企業からメイテックネクストが受けとる。
ですので、あなたにメイテックネクストの転職サポートを利用した費用が請求されることはなく、無料で利用することができます。

メイテックネクストの強み

・深い業界知識・技術知識に基づいて適職を紹介してくれる
・製造業・エンジニアに特化した転職エージェント
・求人数が製造業・エンジニア専門の転職サービス業界No.1
・メイテックネクストでしか紹介してもらえない独占求人・非公開求人がある
大手転職エージェントの場合、求人の幅は広いですが、担当するエージェントが必ずしもあなたの探してる業界に詳しいということはありません。
私も実際に利用してみて広くて浅い、という印象を抱きました。
業界に詳しくない方が担当エージェントになってしまいますと例えば以下のようなデメリットが発生する可能性が考えられます。
【業界知識が浅い転職エージェントを利用するデメリット】
・こちらが伝えたいことが伝わらない
・的確なキャリアアドバイスをしてもらえない
・入社後、自分がイメージしていた業務内容と違ったなど

しかし、メイテックネクストの場合、製造業やエンジニアに特化したエージェントが担当しますので上記で挙げたデメリットが発生してしまう可能性が限りなく低く、安心して転職サポートを任せることができます。
そして、メイテックネクストは業界で一番の求人数です。
ですので紹介できる企業の数は申し分なく、その中には、メイテックネクストでしか紹介してもらえない独占求人や、世には出回っていない非公開求人も扱っています。
選べる企業の幅が増え、あなたの希望する企業に勤められる可能性が非常に高くなります。

メイテックネクストはひどい!?実際に利用してみた私が本気で解説します!

「評判が良いのはわかったけどじゃあ実際自分で使ってみてどうだったのよ?」と疑問に思う方も居るかと思います。

結論から言うとメイテックネクストはひどいなんてことは全くなく、私が利用した転職エージェント、サービスの中で最も優秀だったと断言します!

では具体的にどのような点が優秀であると感じたのか、解説していきます!

メイテックネクストを優秀だと感じた点

以下が私が実際に利用し優秀だと感じた点です。

  1. 職務経歴書の添削アドバイスが的確
  2. 製造業に特化したサービスならではの面接対策だった
  3. 希望する求人はもちろん、現在の状況から的確な求人
  4. 非公開求人・独占求人を紹介してくれる
  5. 紹介された求人を押し付けてこない
  6. 工場や製造業・エンジニアなどの業界知識が豊富
  7. 「〇〇さんなら大丈夫!きっと上手く行きます!」と本気で勇気を与えてくれた

それぞれ下記で詳しく解説していきます!

・職務経歴書の添削アドバイスが的確

職務経歴書は、転職活動において最も大事な書類であると私は思っています。

なぜなら書類選考を通過しなければ当然ながら希望する会社との面接すらもしてもらえないからです。

メイテックネクストは製造業に特化した転職エージェントですので業界に詳しいということはそれだけ「企業が職務経歴書でなにをみているのか?」、「どんなことを書いて欲しいのか?」をよく理解し、書類を作成していただけることができます。

私は、職務経歴書を作成するのが苦手ですが的確なアドバイスを担当エージェントからいただきなら完成させました。

書類作成ができなければ企業に応募することすら出来ないのでそこで転職活動が滞ってしまうんですよね…

メイテックネクストで「職務経歴書の作成がうまく進まないのでよければ電話でのアドバイスをいただけませんか?」と担当者にメールで問い合わせたところ、その日のうちに時間を取っていただき、アドバイスをいただきながら職務経歴書を書くことができました。

その後、担当のエージェントさんにデータを送り、細かい修正や補足などもしていただき、自分でも満足いく仕上がりにしていただきました。

私は担当エージェントを試すため、わざと自分で納得のいっていない職務経歴書をだしたりすることもあります。

やる気が無い、又は適当なエージェントですと「いいんじゃないですか?」なんて職務経歴書作成が適当だったりもします。

ですがメイテックネクストは、私が納得いっていないところを的確に指摘・修正・補足をしていただけたのがとても印象的でした。

・製造業に特化したサービスならではの面接対策だった

面接対策は、自分が担当しているエージェントと実際に企業に足を運んで話・見学をした人での2人体勢の面接対策でした。

この面接対策は、良く聞かれるであろう「なぜうちの会社を受けようと思ったのか?」と定番のものから私のこれまでのキャリアなどから質問されるであろう項目まで、考え付く全ての質問などを網羅した実践的な面接対策でした。

初めは私が質問され答えていき、その中で「ここはこう答えたほうがいいですよ!」、「ここはこういう言い回しの方が伝わりやすいですよ!」など、的確なアドバイスをもらいながら進めていきます。

その後もう一度最初から通しで質問をされていき、アドバイスされた通りの受け答えができるか、確認していくという流れでした。

私は心配だったので予定した時間が過ぎているにも関わらず、「もう少し練習させていただいてもいいですか?」と尋ねると、ここでも全く嫌な素振りなどはせず、熱心に私の面接練習に付き合ってくださいました。

そして実践である企業との面接ですが、メイテックネクストで対策していただいた通りの質問がされ、無事内定をいただくこともできました!

・希望する求人はもちろん、現在の状況から的確な求人・非公開求人を紹介してくれる

メイテックネクストは、独占求人や非公開求人といった求人も取り扱っています。

ハローワークなどでは出回っていない求人がメイテックネクストには存在するということになります。

私もハローワークで求人を探しましたが正直お世辞にも良い求人があるとは言えない結果でした…

もう少し深堀ってお話しすると、私は年間休日120日以上の求人を探していたのですがこれに該当する求人がほとんどない状況でした…

前の工場は、年間休日108日で休日出勤も多く、残業も毎月60時間以上で精神的に消耗してしまっていたので個人的には譲りたくない条件の1つでした。

しかし、妥協しなければならないのかなと諦めかけていた頃、メイテックネクストで紹介してくださった求人は、ハローワークで何回探してもみつけられなかった求人を紹介していただいたため、公(おおやけ)には出ていない良い求人が実は出回っているのだなと私自身確信できた瞬間でした。

・紹介された求人を押し付けてこない

メイテックネクストは決して紹介した求人を無理に押し付けてくるということはありませんでした。

むしろ紹介した求人のどこがダメだったのか、しっかり聞き入れていただき、その後新たにマッチング度の高い求人を紹介していただけたこともあります。

メイテックネクストは大丈夫だとは思いますが、もし仮に求人を押し付けてくるような担当者に当たってしまった場合、すぐさまメイテックネクストに連絡し、担当者を変えてもらってください。

「嫌な客だと思われないか?」と心配になるかもしれませんがそのまま信用できない状況で転職活動をサポートしてもらっていると思わぬトラブルになり、メイテックネクスト側でも不利益意が生じてしまいますので気にせずすぐさま問い合わせてください。

・工場や製造業・エンジニアなどの業界知識が豊富

メイテックネクストのエージェントさんは元技術者の方が主ですので、製造業やエンジニア業界の知識が豊富です。

そのため、あなたが望む製造業やエンジニア企業に転職できる可能性が非常に高くなります。

業界に関しての知識や実務経験が豊富ということはそれだあなたのこれからのキャリア形成に関して必然的に専門的なアドバイスを受けられます。

それと共に、今あなたが抱いている小さな悩みなどに関しても共感してもらえ、一緒に解決する方法を手助けしていただける可能性も高くなります。

業界について浅い知識の人に紹介される求人と深い専門的な知識を持った人に紹介される求人とでは、天と地の差があるのはわかってもらえるかと思います。

転職活動で恐ろしいのはいざ入社してみたら「考えていたイメージと違った…」となってしまうことです。

これは、主に担当エージェントとあなたが思い描いていたイメージの食い違いが主な1つの要因であると私は考えています。

そんなミスマッチングの可能性を潰すためにも、大手総合転職エージェントよりも、専門的な知識や経験を持つメイテックネクストを利用するのが得策であると言えます。

・「〇〇さんなら大丈夫!きっと上手く行きます!」と本気で勇気を与えてくれた

メイテックネクストのエージェントさんには本当に助けられました。

転職活動をしていると正直「本当に自分なんかが転職できるのだろうか…」「いつまでこのしんどさが続くのだろう…」と日々不安に陥りやすくなっていました。

面接練習では思うように言葉が出てこない時があり、つい「私、大丈夫ですかね…不安しかなくて…」なんてボソッと弱音を言ってしまった時も、涙が出るくらい本気励ましていただいたのを今でも鮮明に覚えています。

その励ましのおかげで自信が持て、面接では堂々とした受け答えができるというところも志望している企業から評価していただき、無事に内定し、転職することができました。

私のように、転職活動中不安に襲われやすく、自信が持てないという方にもメイテックネクストは、おすすめです。

メイテックネクストの不満点

・会社の拠点が少なく、基本的に電話対応となる。
・製造業・エンジニア以外の業界知識は少ない

メイテックネクストの拠点は以下の4拠点となっています。

・東京
・愛知
・大阪
・福岡

ですので必然的に電話面談が主になってしまうことが多く、「絶対に対面での面談を希望する!」という方は、叶えるのが難しいかもしれません。

私も当時は電話面談は避けていたのですが、メイテックネクストの場合、電話だからといって手を抜いた転職サポートをしたりするといったことは一切感じさせませんでした。

むしろ「あれ…対面での面談でなくとも、サポートの質も高いし寧ろ効率的ではないか…?」と感じたほどです。

対面での面談を希望する方おそらく

・電話面談だと適当な対応をされそう
・やっぱり対面して相手の顔を見ながらでないと信用できないし不安…
・自分の転職への熱量が伝わらなさそう…

といったような不安を持つ方が多いのではないでしょうか?

私もネットで調べていると「電話で対応された時は適当な対応をされやすい」というのをみかけたので出来るだけ対面での面談を望んでいました。

ですが試しにメイテックネクストの電話面談を受けてみたところ、1時間以上人生相談レベルの悩みを親身になって聞いていただき、貴重なこれからのキャリア形成のアドバイスもしてもらえました。

書類作成などで行き詰まり、困った時はすぐさま対応していただきましたし、面接練習も電話越しですが2人体勢で1時間以上みっちりと対応していただけました。

上記を踏まえ私は、メイテックネクストで電話面談をしていただいたことにより、「電話面談での転職サポートは質が低い!」というイメージが一変しました。

もし対応が自分と会わなければその後利用しないか、担当者を変えてもらえばいいので絶対に電話面談であっても1度は利用すべきだと私は断言できます。(メイテックネクストに限る)

もう一つの不満要素としては製造業やエンジニア業界には詳しいがそれ以外の知識はほぼないと考えていただいていいです。例えばWeb業界ですとか。

担当の方も正直に製造業やエンジニア以外の知識は無いとおっしゃっていただけたのもとても好印象でした。

ですので製造業やエンジニア”以外”の業界を求めている方はメイテックネクストを利用することをおすすめしません。

【Q&A】メイテックネクストを利用してどうだった?

ここではメイテックネクストを利用してどうだったのか、読者の方が気になるであろうことを主に解説していきます。

メイテックネクストで転職できた?期間は?

私がメイテックネクストを利用し、転職をしました!

要した期間はメイテックネクストで登録し、第一希望の会社から内定をもらえるまで2週間ほどでした。

おそらく一般的にみると早い方だったのではないかと思われます。(一般的には、1ヶ月~3ヶ月が目安といわれています。)

決して私が優秀な人材で転職市場での価値が高かったからということでは全くないです。

なぜなら前職で7年間、MC(マシニングセンター)を使用するライン作業をしていましたが、資格も取得していませんしプログラムも組めませんし、操作方法を熟知しているというわけでもなかったからです。

では、なぜそんなに短期間で内定をいただけることができたのか、これはメイテックネクストの転職エージェントさんのスピーディーな転職サポートが主な要因だったのではないかと思います。

・面談(電話)でどんな会社を望んでいるのか、ヒアリング後の求人紹介の早さ(当日)
・書類(履歴書・職務経歴書)の添削サポートの早さ(当日中&電話サポートあり)
・書類選考通過後の質の高い面接対策で内定をもらえる可能性が高くなる(2人体勢でミッチリ)
・メイテックネクストが自分の代わりに応募などの企業とのやり取りをしてくれる

このように内定への関係性が高い項目1つ1つの質が高いということは、必然的に『内定をもらいやすくなる=転職活動が早く終わる』というこではないかと私は感じました。

自分の要望通り求人を紹介してくれた?

答えはYESです。

私は基本的に他の転職サービスや転職エージェントを利用する時、ほとんど同じ内容の希望を伝えていました。

そして希望を基に、30社ほど毎回紹介されましたがそこから自分の希望と合っている会社があるのは多くても5社程度。

ですがメイテックネクストの場合、希望を伝えた後、30社ほど紹介していただいたのですが、そのほとんどが自分の希望とドンピシャな企業が多くありました。

それともうひとつ、これが一番驚いたのですが今の自分の環境にもあうよう心がけていただけたのです。

具体的に解説すると面談中「彼女はいますか?」ということを聞かれました。

この時、内心「なにその質問…めっちゃプライベートじゃん…」と思いながらも当時彼女はいなかったので「いいえ…」と答えると「仮にですが他県の会社などはどうでしょうか?」と、策的範囲を広げてみませんか?という提案をしていただけました。

※強制的に押し付けてくるような提案ではなく、あくまで低姿勢での提案でした。

私は他県で仕事をすることを考えてはいなかったのでお断りしたのですがもちろん嫌悪感などは一切出すことはなく、納得していただけました。

なにをお伝えしたいかというと、いきなり他県での仕事を一方的に勧めてくるのではなく、私の環境に応じて的確な求人を紹介してくれているようしっかりと考えてくださっているように私は感じました。

正直ここまで深堀して面談をしていただけたことがなかったので、私の中でメイテックネクストは信用できると確証できた面談でした。

メイテックネクストはどんな人が利用するべき?

・製造業・エンジニアへの転職を考えている
・キャリア形成の的確なアドバイスをもらいたい
・ハローワークなどの転職サービスを利用しても自分が思う求人が見つからない
・今いる環境をからもっと良い環境で仕事をしたい
・企業とのミスマッチングを回避し転職したい
・履歴書・職務経歴書の作成が進まず、転職活動が止まっている

製造業・エンジニアへの転職活動をしていて、上記のような悩みや思いがある方はメイテックネクストを利用し、転職サポートを受けることを強くおすすめします!

タイトルとURLをコピーしました